一度であきらめない

一度であきらめない

結婚相談所で開かれたお見合いパーティに参加したものの、誰にも声を掛けてもらえなかった。せっかく紹介していただいた方と何度かお会いして、なかなかうまく言っていると思っていたのに、ある日、突然断られた。

 

 

 

そんなことがあったら、すごくショックを受けてしまいますよね。そういうこともありますよ、という相談員さんの慰めも聞こえてこない。なんか、自分がこの世に必要の無いような存在になったような、そんな気分にまでなってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

結婚とは縁です。一度でめぐりあえたらすばらしいですが、そうであったら、誰も結婚で悩んだり、結婚相談所を利用しなくてもいいわけです。でも、そんなに簡単にいきませんよね。

 

 

 

昔の人は、親や親戚に相手を選んでもらっていました。長年の経験から、この人とだったら、と選んでくれる場合もあれば、家の事情で、友人知人の縁故で、といろんな理由で相手を決めて、結婚していました。その時は、断るなんてこと、殆ど無かったでしょう。

 

 

 

親が決めたんですもの、そのまま素直に結婚していました。

 

 

 

自由恋愛が普通になって、恋愛結婚が普通のことになったのはそんなに長いことではありません。これだけ沢山の人と出会える時代に生まれたんですもの。自分の意思で結婚相手を選べる時代になったんですもの。誰でも、もっと良い相手がいるかもしれない、という欲が出てしまうものです。

 

だから、けして断られたことを深く考えず、私にももっと良い相手がいるかもしれないと、これからのことを考えましょう。